アニメ セーラ服

女子中高生の青春は誰のために仕立てられる?本作は晴れて中学生となったひとりの少女が新しい学校(田舎にある中高一貫の名門女子校)で友達を作ったり、勉強に励んだり、いろいろな思い出を作っていく姿をみずみずしく描く青春学園ストーリーです。 アニメ『明日ちゃんのセーラー服』感想(ネタバレ)…女子中高生の青春は誰のために仕立てられる? …アニメシリーズ『明日ちゃんのセーラー服』の感想です。

それが本作『明日ちゃんのセーラー服』です。明日小路は、憧れのアイドルである福元幹が着ていたセーラー服の可愛らしさに魅了され、いつか自分も着たいと夢見ていた。 しかし「絶対興味がある子がいる」と思い、思い切って男子路線で女児向けアニメをつくったそうだ。 これは「LGBTQ」への対応だと報道されることもありますが、そもそも制服というものを生徒の意思に関係なく強制してしまうことの問題はかねてから指摘されており、これは生徒の自主性を尊重する人権に直結する普遍的な改善なのだと思います。

それは特定の文化が消えるというネガティブなものではなく、制服を取り巻く文化的事象が多様化するのだと思います。 ではなぜタイトルに「セーラー服」とあるのかと言うと、本作の舞台となる女子校は規定の制服が「ブレザー服」なのですが主人公は「セーラー服」に憧れており、この女子校も以前はセーラー服が規定だったために特例で主人公のセーラー服の着用を許可する…という流れ。

今までは同じ制服でもキャラごとに若干の着こなしの違いで個性をつけたりしていた作品もありましたが、これからはもっと服装で個性をだしやすくなるかも。 『セーラームーン』に限らず、小中学生時代に夢中になった作品の復刻企画などを目にすると心躍るわけだが、『セーラームーン』に対しては、ちょっと特別な印象がある気がする。本作は原作が“博”による2016年から集英社のウェブコミックサイト「となりのヤングジャンプ」にて隔月連載している漫画で、2022年にアニメ化されました。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。